Top
ボロいアパート、ボロいホテル
以前古本屋で買った なだいなだ の本を久々に読み返してみました。精神科のお医者さんが書いたユーモアたっぷりの本です。
彼が若い頃に泊まったパリの安宿で、部屋の床が傾いていたというくだりを読んで思い出した事があります。
私の父はフランス文学を研究していて、私が中学1年の時に1年程、パリに滞在していました。パリには父の同僚が先に滞在しており、私達一家を夕食に招いて下さいました。とってもお洒落なマンションの一室で、シャンデリアが合うリビングと、綺麗なキッチン、広いベットルームがあり、私は、あーパパもこんな所に住むのね~とウキウキしていたのです。そんなある日、父が滞在するアパートが決まったので3人で見に行ったのですが、それを見た私はショック。。。。繁華街の狭い通りに門を構えるアパートの父の部屋は、4畳半位のダイニングキッチンに、4畳半位のベットルーム。一人が風呂に入ったらすぐお湯が出なくなるバスルーム。これだけ。天井は斜めに勾配がついていて。。。。そう、屋根裏部屋だったのです!。エレベータも、一つ下の階までしか来ていません。典型的なパリの安アパートです。なのに、父と母は嬉々としていました。思わず母に、
「ねーパパが可愛そうだよー○○さん(父の同僚)の部屋とは全然違うじゃん。ボロいよーこんな所」
と言ったら母が笑って、
「だって、○○さんは独身でしょ、パパには私達もいるのだし、同じようにお金は使えないでしょ。」
と言った後、父に、
「あなた、とこもが、パパ可愛そうって言ってるわよ~」
と笑っています。でも、ボロくても立地は一等地らしく、まあ、花より実を重んじる気質なんでしょうね。
そのアパートには、ちょっと大きめのベットが一つしかありませんでした。なので、母と私がベットに寝て、父は近くのホテルに泊まることになったのです。じゃ、ホテル探してくる、と言う父にくっついて行ったのですが、父は通りを何本か過ぎた路地にある、薄暗いひび割れた建物に入っていきます。え、まさかこんな所に泊まるのでは。という私の心配はよそに、父はさっさと部屋を見に行きました。その部屋がまさに、「なだいなだ」のエッセイに出てくる様な部屋だったのです!陽が当たらない真っ暗な部屋に裸電球がぶら下がっていて、床はパッと見てはっきり解かる位、斜めに傾いていました。ベットの横には、むき出しで流しが壁にくっついています。こんなにもネズミが似合う部屋はないだろう、ま・さ・か・こんな所に泊まらないだろうと思っている私の横で父はベットを点検して、「うん、ベットは清潔だ」とぶつぶつ言いながら、さっさと受付で料金を前払いしています。立地さえよければ、寝れればばどこでもいい、と思っていたのですね。でも私は当時12歳。乙女の心には非常にショックでした。 つづく。。。
[PR]
# by tomokorissen | 2009-12-19 21:00
小学校
c0155880_2221053.jpg

実家の私の部屋から見た風景です。目の前の建物は、小学校。とっても近いのです。
小学校時代、あまりに近くてちょっと困ったのが、風邪で学校をお休みしている時。
午後、もう大分良くなったからってちょっと家の中を歩いていると、向こうから見えてしまうのです(笑)。母曰く、見られないように這って歩いていたそうです。
その日も風邪で休んでいたのですが、午後、すっかり元気になって、部屋でぼーっとしていると、外から声がします。
「りっとーん、りっとーん!(私のあだ名)」
友達が呼んでる。。。窓を開けてちょっと具合わるそうに手を振ります。

友達: 「あのさーもう元気なんでしょ?さっきから家の中歩いてるの見えてるんだけど!でさー、次の時間、クラス対抗のリレーで、人数が足りないから来て!先生も呼んでるよ!」

よく見ると、先生も一緒に並んでこっちに手を振ってます。ま、暇だしいいか、とあきれる母から体操着とブルマーを受け取って、振り回しながら走って学校に行ったのでした。
[PR]
# by tomokorissen | 2009-06-01 02:25
くれーぷっぷー
c0155880_21365481.jpg

 いつもchisatoさんのところでおいいしいお菓子を見ているので、自分でも作ってみたくなりました。残念ながら我家にはオーブンが無いのでフライパンで作れるクレープです!秤も無いので適当です。八百屋さんで苺の痛みかけた物が1パック150円だったので、プリザーブを作りました。
八百屋さんって、出口の外れの、目立たない所に安くなった物が、よく置いてありますよね。苺、マンゴーなど、お高いフルーツを買う時には狙い目です。
 皆さんお気に入りのフルーツはありますか?私は 1番 桃、2番 さくらんぼ、 です。苺も大好きですが、この間、男友達(彼氏ではない)とイタリアンで食事をした時、食後に苺のアイスクリームを頼んだら、
「りっせん(私の苗字)ってよ~、苺、似合わないよな~」
と、しみじみ言われてしまったので番外にしておきます。
男友達は、
「ちょっと味見させて」
と一口食べた後、おいしかったようで、半分くらい食べてしまいました。
[PR]
# by tomokorissen | 2009-05-24 21:50
ノスタルジック
c0155880_21491887.jpg

私の母が写っている写真を頂きました。
母は、学校を卒業した後、しばらく高校の先生をしていました。その時の卒業写真です。
一番前の中央、白い服を着ているのが母です。クリックすると、もっとはっきりした写真が出てきます。集合写真の母の所をクローズアップして送ってくださいました。どうもありがとうございます!
あまり私は似てないですね。。。。でも雰囲気は似ているとよく言われます。
[PR]
# by tomokorissen | 2009-05-17 21:56 | ノスタルジック
またまた実家

c0155880_15113948.jpg

GWは実家に帰っていました。すると、、、、お家が綺麗に片付いていました~。
もしやこのブログを見られてしまったのかも。あはは。
父はいまでは定年退職をして、釣りをしたり、お友達の所に出かけたりしてます。
趣味の釣りですが、結構本格的なんですよ。
自分で作った浮きなどです。昔はクロダイなんか釣ってました!最近はハゼなど、もっぱら底魚だそうです。
それからここが父の書斎です~。私が小さい頃はもっとちらかってましたね。「パパ~」と言って側に行くには、本とか原稿用紙の上を踏んづけて行かなくてはいけませんでした。床が見えない位でしたので、多分本人も踏んづけて歩いていたと思います。写真をよく見ると、椅子の脇に靴下が脱ぎ捨ててある~。
c0155880_15121540.jpg

父はフランス文学を研究していました(今でもしてるのかな)。えー、何で日本人なのにフランス文学?と思いますよね?はい、私も思います。何でなんでしょう。。。私もたまに気まぐれでフランス語を勉強してみたりしますが、からっきし駄目ですね。フランス人に習うとですね、彼らは完璧主義なんですよね、発音も、完璧に言えるまでしつこく(熱心に?)直されるので、疲れます。その点、アメリカ人に英語を習うと、ま、徐々に上達すればいい、という姿勢なので楽しいです。
c0155880_15124564.jpg

mikiさんがドーナツを作っていたので真似して作ってみましたが、昔作っていたレシピをうろ覚えで適当に作ったら、とんでもない味になったので、母のレシピファイルを引っ張り出して作り直しました。失敗したバージョンには、バターを入れていませんでした。父にベーキングパウダーを買ってきてもらったのですが、出来上がったドーナツを見て、
「えーあの量でこんなにできるの?」
と驚いていました。パパ、違うんだよ~ベーキングパウダーは膨らます為の物で、ほとんど小麦粉なんだよ~。
c0155880_1514717.jpg

[PR]
# by tomokorissen | 2009-05-09 15:15



ともこさんの人生を綴っております
by tomokorissen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31